美容整形で人中短縮して素敵になろう

人中が長いことを気にしている人は、美容整形で人中短縮して素敵なお顔手にいれましょう。人中短縮を行うと、顔がきゅっと引き締まってみえますので今よりも美人に見えること間違いなしです。また、人中が長いとなんだか老け顔にみえてしまうことがありますが、手術してしまえば一気に若返ることが可能です。気になっている人はまず美容整形外科でカウンセリングをうけてみましょう。そこでシュミレーション画像をみせてもらえば手術後にどんな顔になるのかを見ることが可能です。手術を受けるとしばらくは傷がのこりますので、マスクで過ごすことをお勧めします。人にばれたくないという人の場合には、マスクを付けていても不自然ではない冬の時期や花粉症などの時期に手術を受けることをおすすめします。また、傷が残りやすい手術ですのでベテランの先生がいるところを選ぶと安心です。

人中短縮ではどのような施術が行われるのか

顔の悩みは人それぞれ違いがありますが、鼻の下が長いことで悩みを持っている人も少なくありません。それほど目立つ部分ではないものの、顔が間延びして見えるなどで悩みを抱えている人は少なくありません。そしてこうした悩みはメイクや髪形で工夫してもカバーしづらいという問題もあります。悩みをしっかり改善するのであれば人中短縮という施術も検討してみてはいかがでしょうか。この場合は鼻の下の部分で皮膚を切除しますが、それだけでは十分ではありませんので、口の周りの筋肉を引き上げる施術も行われます。鼻の下を切除する治療のほかには鼻中隔延長で鼻を下に伸ばすことで鼻の下を短くすることもできます。さらに上唇をふっくらさせることで目立たなくすることもできます。症例により対処方法は違いますので、まずはカウンセリングや診察を行い、それぞれに合う治療方法を選んでいきましょう。

美容整形の人中短縮のメリットとデメリット

鼻の下から、上唇の間の人中が長いと、老けた印象を持たれてしまうので悩んでいる人が増えています。美容外科のクリニックでは、人中短縮の施術を行っているので、一度通院をして、カウンセリングを受けてみると良いでしょう。美容整形の人中短縮は、局部麻酔や静脈麻酔を行い、鼻の下の一部の皮膚を切除して、縫合をすることで、上唇との間隔を狭めることができるので、顔の印象を若々しくするというメリットがあります。麻酔を行うので施術中は痛みをほとんど感じませんし、入院の必要がないため、施術を受けたいという人が増えています。美容整形の人中短縮のデメリットは、切開をする部分によっては、傷跡が目立ってしまう場合があります。施術を受けたいと希望している人は、信頼できる経験と実績が豊富な美容外科のクリニックを選ぶ必要があります。