美容整形、人中短縮とは何か。

人中短縮とは、美容整形の一種で、鼻の下の顔を小さくする外科手術のことです。「鼻の下が長くなる」というでれっとした顔を表す諺があるように、そこが長いと全体的に間延びして顔が長いという印象を与えることがあります。それを改善するための手術です。手術の方法はシンプルで、鼻の下の皮膚を数ミリ切除して、上唇をリフトアップします。切除する皮膚は、幅3ミリから10ミリくらいですが、施術後は顔が小さく見えるだけでなく、上唇が少し分厚くなって、グラマラスな唇になる効果もありますよ。また、口元が引き締まって、品のある印象も与えることができます。ただし、術後は腫れや違和感が続いたり、傷跡が目立たなくなるまで時間がかかることがあります。しかし、数か月たてば、腫れも違和感も引いてきますし、傷跡も白い線となって目立たなくなりますよ。

若い女性の人中短縮について

男性が、鼻の下長いとからかわれても、まだ愛嬌があります。しかし女性の鼻の下が長い時は、どうしようもありません。男性もイジルにイジレない場所なのでしょう。この鼻の下が長いことで、間の抜けた顔になってしまっているのですから、男性は近寄ってくれません。そんな時、この鼻の下を短くする手術を受けて、まともな顔になりたいと考えてしまいます。この鼻の下を短くする手術、人中短縮と言います。ロバのように間延びした顔を、キリリとしまった顔にしてくれるものになります。この手術を希望する女性、社会人になる前が多いと言われます。働く女性は、しまった顔が良いと考えるのでしょう。この人中短縮の手術料金は、おおよそ20万円から40万円と言われ、30万円台が相場とも言われます。術後は1週間ほどで、抜糸が出来ることになります。更に数日間は、腫れも残る可能性があることから、学生さんが休みの時が便利なのでしょう。

顔のバランスを整えられる人中短縮

顔の印象が長く感じられたり、間延びしている印象を持たれてしまう事で、困っている場合には鼻の下が長い可能性があります。この場合、鼻の下と唇の距離のバランスを整える事によって、このような印象を持たれなくなります。そこで、改善する方法の一つが美容整形外科クリニックで行われている人中短縮という方法です。こちらの方法を行う事によって、顔のバランスを良くすることが出来ます。具体的な内容は鼻の穴の下の部分を切除します。鼻の穴の下あたりですから、傷跡も目立つことはなく、周囲にも気づかれにくくなっています。赤みも最大半年程度残る事はありますが、永遠に続くという事はないです。切除するという事で、違和感も感じる事もあり、不安を感じる方もいます。しかし、この方法を行う事によって顔のバランスが整えることが出来ますし、信頼できる医師に任せる事で、理想的な顔を手に入れられます。

2割から最大5割引き。 顔のダイエットに効果てきめんのBNLS(小顔注射)についてご紹介しています。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! ドクターカウンセリング無料。 上下の噛み合わせが逆になってしまう「反対咬合」でお悩みの方は必見です。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 人中短縮でおすすめのマックスファクス銀座クリニックへ